大 中 小 日本アルジェリア協会 | トップページ

日本アルジェリア協会にようこそ

 当協会は、在京アルジェリア大使館との協力の下、主として大使館において、夕刻、定期的に講演会などの行事を開催し、また、このホームページを通じて、日本とアルジェリアとの友好関係の増進、及び、会員相互間の親睦を図っています。会員数は、現在170名余であり、アルジェリア駐在経験者、アルジェリア関係の学術研究者、文化・芸術関係者、企業関係者、外交官、ジャーナリスト、アルジェリアに関心のある一般の方々など、多彩な会員が集まり、在京アルジェリア大使、大使館員らと共に、交流の輪を広げています。
 当協会の活動に賛同される多くの方々の入会を歓迎します。
 アルジェリアは、アフリカ大陸の北部にあり、北は地中海に臨み、アトラス山脈に続く高原の南に、広大なサハラ砂漠が広がっています。古代ローマ時代には「ローマの穀倉」とも呼ばれ、イスラム帝国やオスマン帝国の支配下に入るなど、長い歴史を有しており、第2次大戦後、熾烈な独立戦争を経て1962年にフランスから独立しました。
 日本とアルジェリアとの友好団体としては、宇都宮徳馬氏らによって、1961年に「日本北アフリカリカ協会」が設立され、その後、1981年に「日本アルジェリア協会」と名称を変えて活動を行っていましたが、1990年代のアルジェリアの混乱期に活動が停滞しました。このため、2009年に、新たに、当協会が、浦辺彬元駐アルジェリア大使らによって設立されたとの経緯があります。