大 中 小 日本アルジェリア協会 | 協会ニュース | 桃井治郎准教授による講演会

協会ニュース

2018.10.19
桃井治郎准教授による講演会

桃井治郎准教授による講演会

10月19日、在日アルジェリア大使館サロンにて桃井治郎中部大学准教授による、「19世紀初頭のアルジェの変容」と題する講演会が開催されました。1515年から1830年までオッスマントルコ帝国に従属しながら太守(デイ)の下で独立性の強い統治が行われていたアルジェ(the Regency of Algiers)の歴史につき、米国および西欧列強との関係の変遷を中心に、お話がありました。英国海軍によるアルジェ砲撃並びにヨーロッパ人に対する北アフリカでの海賊行為に対する米国および西欧列強の対応など、我が国では、この時代のアルジェリアの歴史については、断片的には情報を得る機会があっても整理して学ぶ機会はほとんどありません。当時の絵画や地図を使った解説が大変勉強になりました。


伊高教授による講演会<< 前に戻る >>私市日本アルジェリア協会理事による講演会

最新記事

2019年06月07日
 第10回日本アルジェリア協会定例総会開催


2019年05月21日
 在アルジェリア小川和也大使による講演会


2019年01月10日
 伊高教授による講演会


2018年10月19日
 桃井治郎准教授による講演会


2018年07月12日
 私市日本アルジェリア協会理事による講演会


2018年06月01日
 第9回日本アルジェリア協会定例総会開催


2018年03月09日
 「インベルベルの日本人」上映会


2018年01月26日
 豊田浩志氏による講演会


2017年07月14日
 大前正也氏による講演会


2017年06月02日
 第8回日本アルジェリア協会定例総会開催